「Everything」のススメサムネイル
スポンサーリンク

「Everything」のススメサムネイル

 

こんにちは。Hugh(ヒュー)です。

 

仕事で数年前に作ったデータがあったのですが、どこにデータを置いたかわからなくなった場面がありました。

Windowsのエクスプローラーには標準装備で検索窓があります(または、Ctrl+Fキー)。ローカルのパソコン内の検索でしたら、検索し終えるまでそこまで時間は掛かりません。しかし、大容量の外付けのハードディスクであったり、ネットワーク上のサーバーなどの検索はとてつもなく時間が掛かってしまいます。「どうしようかな。。。」と悩んで、いろいろ調べてみました。すると、とても便利な検索ソフトを発見しました。それは、フリーソフトの「Everything」というソフトです。

それでは、この「Everything」をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

1.「Everything」をダウンロード・インストールをする

まずは「Everything」ダウンロードをします。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/everything/

 

32bitバージョン64ビットバージョンがありますので、OSに合わせてお選びください。

Everythingダウンロード画面

インストーラーをダウンロードしたら、押して起動します。

「Everything」実行ファイル

 

「日本語」になっている事を確認してOKを押す。

「Everything」セットアップ01

 

「同意する」を押す。

「Everything」セットアップ02

 

「次へ」押す

「Everything」セットアップ03

 

下記の2箇所にチェックが入っていることを確認して「次へ」を押す。

「Everything」セットアップ04

 

「インストール」を押す。

「Everything」セットアップ05

 

「完了」を押して、これでインストールは完了です。

「Everything」セットアップ06

 

スポンサーリンク

2.検索先等を設定をする

インストールが完了したら、「Everything」のショートカットがデスクトップ上にありますので、これを押して「Everything」を起動させる。

「Everything」ショートカット

「Everything」検索結果

 

「ツール」→「オプション」へとすすむ。

「Everything」オプション

 

「Everythingオプション」画面が出てくるので、①「ファイルリスト」を押し、②「追加」ボタンで、サーバーなど、検索先を指定します。指定ができたら「OK」をクリック。

「Everything」設定

 

これで、最低限の設定は完了です。

 

スポンサーリンク

3.実際に使ってみる

「Everything」を起動します。

「Everything」ショートカット

 

そして、一番上にある検索窓に対象ファイルの名前を入力し、「エンターキー」を打ちます。

すると、検索結果が現れます。

「Everything」テスト

 

このファイルを押すと、ファイルを開くことができます。

ちなみに、ファイルを指定して「右クリック」→「フォルダを開く」で対象ファイルの場所がエクスプローラーで開くことができます。

「Everything」フォルダを開く

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

検索スピードがグンとアップしたのではないでしょうか?

「なんでこんなに一瞬ででてくるの!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これにはちゃんと理由があります。

それは、パソコンを起動した時に、同時に「Everything」が裏で起動し、検索対象フォルダを一通りスキャニングしているからなんですね〜。

↓裏で動いてますね。

「Everything」起動アイコン

逆にいうと、PCを起動してすぐには「Everything」の能力は十分に発揮されづらい点はありますが、PCを起動してすぐに検索かける事はなかなかないかと思いますので、私は全然問題なく使えています。よろしければ、お試しくださいませ。

 

ぜひ、ご参考までに!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事